中古物件の購入は本当に安いのか?

コストを抑えるために中古物件の購入を検討する人もいますが、契約する前に本当にお得であるかどうか確かめておくことが大切だと言えます。場合によっては新築物件を購入したときと必要になる費用が変わらないというケースもあるので、実際にどれくらいのコストがかかるのか調べておきましょう。中古のほうが安くなるという思い込みから失敗をしてしまうケースもあるので、気をつけておく必要があります。

住宅を中古で購入する場合、古びている場合や設備に問題がある場合、内装や外観が気に入らない場合はリフォームを行うことが可能です。中古住宅を購入する人は入居前にリフォームを行うケースが多いのですが、どれくらいの規模で行うかによって必要となるコストが大きく違ってきます。水回りだけを行う場合は150万円から300万円ほどで済みますが、内装や外観、水回り以外の設備などを含めると1,000万円から1,300万円ほど必要となることが多いです。住宅によって中古での購入費用は異なりますが、場合によってはリフォームと合わせて3,000万円を超えてしまい、新築物件を購入する場合とそれほど変わらないという状況になることもあります。

エリアにもよりますが新築物件は3,000万円ほどで購入することができますし、ローコスト住宅を選んだり設備を削ったりすれば、もっと安い価格で新築の住宅を手に入れることが可能です。リフォームや修繕のためにお金がかかってしまうのであれば、新築物件とそれほど値段が変わらない可能性もあるので、事前に必要となる費用を算出して比較しておくことが大切です。購入したまま住むことができるような建物であれば問題ありませんが、見た目は大丈夫であったとしても経年劣化による問題がすぐに発生する可能性もあり、安全性を維持するために修繕工事が必要となることもあります。

中古物件は新築よりも安いと思われがちですが、これはあくまでも住宅そのものの価格を比較した場合の話だと言えるでしょう。実際に住むために手を加える必要があれば、中古物件を選んだとしても結局高い費用が必要になる可能性があることを理解しておかなければなりません。コストを抑えることを重視したいと考えるのであれば、建物の値段だけではなくリフォームにかかる費用まで考慮したトータル費用を比較することが大切だと言えます。新築物件を選ぶほうが安く済む可能性もあるので、具体的な部分まで考慮してどちらが安いか比較するようにしてください。