住宅ローン借り換えとは何か

住宅ローンの借り換えとは何かを説明したいと思います。
住宅ローンの借り換えとは、簡単にいうと、現在組んでいるローンを新たに組み直す事です。
ローンの借り入れを見直して、現在より有利な条件のローンに変更する事をいいます。
ローンを変更する際は、有利な条件にならなければ意味がありません。
つまり、月々の返済する金額を減額したり、返済総額を減額したり、金利の変動によるリスクを回避するなどが目的となります。

下記で紹介しているサイトは住宅ローンの借り換え、新規での借り入れが複数の銀行に一括で申込む事が出来るので便利です!
更に、借り換えシミュレーターや申込みの流れなども詳しく掲載しておりますので、是非ご活用ください。

たった1回の入力で複数の金融機関に一括申込み!!

 


具体的なローンの変更について説明をしますと、まず、住宅を購入するために金融機関からローンを組んでお金を借入れます。
この金融機関に毎月返済を行っていきますが、途中でローンの変更を行うことにしたとします。
そうするとローンの変更をするために、まずこの金融機関にお金を返済しなければなりません。
そこでローンの変更先となるもう一つの金融機関が最初にローンを組んでいた金融機関にお金を返済することになります。
そして、その後は、ローンを変更した先にお金を返済していくことなります。これが住宅ローンの借り換えです。

金利の低いローンに変更することで利息を減らし、返済金額を減らすことができるようになるのです。
また、変動金利型タイプのローンを組んでいた人が固定金利型タイプのローンに変更した場合は、金利の変動によるリスクを回避できるようになります。
変動金利型タイプのローンは金利が上がるたびに返済総額が増えるというリスクを持っていますので、このリスクを回避するためにローンを変更することもあります。

借り換えについて知ろう

住宅ローンの借り換えが最近注目を集めるようになりました。
その背景には、日銀のゼロ金利政策解除が行われ、金利の上昇が現実となったためです。
ゼロ金利政策解除とは、普通預金の金利を2006年度以前は年0.001%だったものを年0.1%程度に引き上げようということで行われました。
預金だけを見れば良いことのように聞こえます。
預金の利息や定期預金の利息が増えるためです。

しかし、現在、ローンを組んでいる方や今後検討する予定がある人にとっては、今後の返済に大きく影響を及ぼします。
今後は金利が引き上げられるということから、変動金利型を組んでいる人や固定金利選択型を組んでいる人が長期固定金利型に変更する人が増えています。
このため、多くの金融機関で借り換え用の住宅ローンを提供するようになってきました。
それぞれ、ローンを組む場合の条件も多種多様となっており、それぞれにメリット・デメリットがあります。

現在はゼロ金利政策が解除されたとはいえ、まだ低金利の時代です。
そのため、変動金利タイプを組んでいる人で金利が高くなったために返済金額が増えるという人や金利が高い時にローンを組んだ人は低金利の住宅ローンに借り換えたほうがお得になる可能性があります。
大切なことは、返済総額や月々の返済の支払い金額です。

返済総額や月々の支払い額が変わらないようでは意味がありません。
金利だけに目がいきがちですが、しっかりと自分でシミュレーションを行って、損をしないようにすることが大切です。

このページの先頭へ